■たまに食べたくなる味 立ち食いの魅力

  • 2018.06.18 Monday
  • 08:33
■たまに食べたくなる味 立ち食いの魅力
 
駅の中にある 立ち食いそばの そばを通ったりすると 
 
なんか 無性に 食いたくなる時があるんですよね・・・
 
ちょっと 小腹が空いたときなんか ちょうどいい 
 
ボリュームと 安さなんかもいいですよね  あと早く出てくるし
 
東京の立ち食いそばだと スープが黒いんですよね・・・
 
地域によって いろいろ 特色があるもんなんですね
 
立ち食いそばの 安くて チープな味も なんか魅力なんですね
 
昔から 変わらない レトロな味が ノスタルジーを 思い出すとか・・・
 
高いそばも それはそれで 日本の伝統を感じて またそれも たまに食べたくなります。
 
中村
 
 
  
 
 

■美人な局アナ

  • 2018.06.14 Thursday
  • 15:46

今、消防団の 操法大会に向けて 

 

連日 ポンプ操法の 練習に 勤しんでおるところです・・・

 

仕事の終わりに 集まって 練習してるのですが 

 

なかなか 大変でございますわ、、、

 

指揮者と 一番員で 筒先を 交換する場面があるのですが

 

水圧が かかっているために 結構 力を入れないと 大変みたいです・・・

 

油断していると 失敗したりしますし・・・

  

■■■■■■■■

 

 

 

 

 

筒持ち員、 交代!!!
 
らじゃっ、
 
はぁ〜い、
 
びじんきょくA
 
びじんきょくB
 
Host
 
頼んだぞっ お前ら!
 
(※いいの釣ってこいよ!  早く、キャバクラで 豪遊したいからなw)
 
 
中村
 
  HOW TO消防操法(小型ポンプ編)
 
 

カマキリの卵 積雪の予想

  • 2018.06.11 Monday
  • 07:55

 

カマキリが産んだ卵は その年の積雪の高さ

 

予想となると言われています

 

卵鞘は気泡があり断熱効果もあるので

 

たとえ雪に埋もれたとしても  ※積雪の予想を失敗することもよくあるみたいです

 

卵は死なずに  孵化するといいます  5月ころらしい

 

一つの卵鞘からは  約300匹ほどの子が生まれるようです

 

成虫になるのは  その数%ほどで

 

大きくなるのに  10日に一回のペースで

 

7回も脱皮を繰り返すようです

 

カマキリの大きな特徴のカマはとても強力な武器で

 

バッタはともかく カエルやトカゲなど

 

少し大きい小動物をも捉えることができます

 

人間の力に換算すると およそ3000kg(3トン)の力になるといいます 

(10円玉もギリで握りつぶせますね・・・)

 

まあまあ強い力になりますね・・・ 重機とか プレス機とかレベルですか・・・

 

ヒョードルが 一番最強の人間なんで  世界2位になりますね^^

 

すごいですね・・・

 

中村

 

 

 

 

 

 

錦糸町事故 2016/5/15 午後6時40分ころ

  • 2018.05.31 Thursday
  • 12:53

2016年に、東京に出張に行った時の話ですが

 

5月16日にスカイツリーにいく予定で5月13・14・15日は、

 

表参道新潟ネスパスで催事だったので

 

5月15日にはスカイツリー近くの錦糸町にて

 

宿泊施設を予約していました。

 

宿泊施設に6時ころチェックインしてから

 

6時半すぎに飯でも食いに行くかと外に出た所、

 

外では消防車とパトカーがぞろぞろサイレンを鳴らしながら集まって来ていました。

 

わりと近くでサイレンが止まったので、

 

近所で何か起きたんだなと考え、人が集まってる方に行ってみたら・・・。

 

驚いたことに、ビルに自動車が突っ込んでいました。

事故の詳細はコチラを見て下さい。

 

http://matome.naver.jp/odai/2146332067622347701

 

 

この時の状況を写真で御覧ください。

 

このマルイの駐車場から出てきて

 

ここから出てきて

 

 

 

真ん中の縁石と植樹を飛び越えて・・・ 

 

ここの分離帯をどうやって超えたのかが謎です。

 

シティコネクションみたいにジャンプするしか 考えられないんですよね・・・

 

結構 高さありましたよ。

 

カラオケ屋にガッシャーン!!!

 

マスコミが集まり 

 

 

 

 

 

 

ブレーキとハンドルを間違えたんですかね・・・
 
中村

 

 

 

 

■アンコウのどぶ汁 漁師めし 

  • 2018.05.28 Monday
  • 12:50
 
先日  地元の仲間の漁師が アンコウのどぶ汁を 
 
つくってくれて みんなに振る舞ってもらいました。
(漁師がつくる 本当の漁師めしです・・・)
 
自分も ほんのわずか(猫の手ほど) 調理の手伝いをいたしました・・・
 
その時のレシピ
 
 
アンコウ2匹 
(あん肝 身 がら 皮 骨 他全部)
 
白菜 ネギ 
 
酒 適当
 
味噌  適当(醤油でもいいようです)
 
出汁はなし (全てアンコウからとります)
 
薬味ネギ あとのせ
 
 
鉄鍋を熱し キモを乾煎りし 水分とばしながら 
 
ペーストになるまで すりつぶしながら炒る 
 
野菜と アンコウのぶつ切りをいれ 火をかけて 
 
フタをして 熱が通るまで しばらく熱する  酒を適当にいれる
 
全体に火が通ったら 味噌で味付けで  すこしなじませて終わり
 
完成形が下の写真です。
 
 ■アンコウのどぶ汁
 
多分 20-30人前くらいありましたね・・・
 
みんな 2-3杯ほど お代わりしていました。
 
味の感想はと言うと 
 
自分も 居酒屋で アンコウがあると よく頼むのですが (アンコウ鍋とか・・)
 
今まで食べた中で 一番うまいアンコウ料理でした・・・
 
魚の鮮度が 違う  今日採れたての アンコウだったそうです。
 
新鮮な 魚を 普段から食べれる環境の人は  
 
本当に 羨ましいと 感じました。
 
中村竜也
 

 鍋用あんこうカット加工済み (肝入) 1p(1kg)

 

インディアンの言葉

  • 2018.05.24 Thursday
  • 07:09
■チーフシアトルの言葉です  紹介します。 
 
インディアンの偉い人です
 
どのようにしたら 
 
青空や大地を
 
売ることが出来るのか?
 
私たちにはわからない。
 
この清らかな空気も
 
ほとばしる水も
 
私たちのものでないとしたら
 
あなたはどのようにして
 
買おうというのか?
 
 
 
月から 地球を眺めると 国と国を隔てる 境界線などは見えない
 
そうした地球を 俯瞰で見ることができる 視点を持つことが 大切だと・・・
 
 
自然と 共生して 生きていた民族の方が、  
 
自然や 人間の本質的なことを 理解していたのかもしれませんね・・。
 
 
今現在の  いろいろな 情報 常識 資本 
 
ほんとうの意味で どうなのかなんては分からないですね・・・。
 
 
神のみぞ知るですか・・・。  自分探しの旅(内面への旅)とかですか・・・。
 
中村竜也
 
 

 
 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM