蝗害(こうがい) イナゴ バッタ

  • 2018.06.04 Monday
  • 07:51
世界の歴史上、人類は地域ごとに

何度も飢饉を向かえてきました。
 
 
そのひとつをご紹介します。
 
蝗害(こうがい) というのがあります。  
 
イナゴ バッタ類の昆虫が 何十年かに一度 大発生し 
 
植物を食い荒らす災害です。。。
  
穀物が豊作になりますと、それを食料にする昆虫が増えたりしますが、
 
異常繁殖する時がたまにあるのです。
イナゴ(飛蝗)が大量に 繁殖し 発生し
農作物を食い荒らし  次から次の畑に移動し 
 
 
食い荒らされた畑は  壊滅的打撃を受けます。
 
 
イナゴは群衆になり 食物を求めて  耕作地を 次から次へと渡り歩くのです
 
それだけではありません。
 
 
途中で死んだイナゴを  共食いし子孫繁栄の  糧にするのです・・・
 
 
これで次の農作物の場所まで  行き着くまでの  サバイバルゲームを繰り広げるのです
 
 
死んだものは食われ  生存者の食料となり  子孫を残していく・・・
この生存能力が  飢饉を招く  蝗害へと  繋がっているのです

豊作 → 異常繁殖 → 飢饉 → 革命 → 新たな時代 


中村


 いなごの佃煮 300g

 

 COLLECTA バッタ

 

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM